異業種に転職するのは本当に大変

総務で事務をしていた私ですが、人間関係にストレスを感じて長年勤務した会社を退職することになりました。
その後、失業保険が出るまで3か月あったので、そこまでちょっとアルバイトをしました。
それから失業保険を3ヶ月受給しました。
その間、ハローワークに通っていましたが、なかなか給料面や福利厚生や通勤場所などで納得できるところがありませんでした。
そして、その時一番自分の希望に近かったのが今の会社です。
でもそこで入社したのが、サービス業でしかも小売業です。
つまり客商売になったという事です。
パソコンの操作と、データ分析をするという、そういう部分の仕事は一応すぐに慣れる事が出来ましたが、それ以外の仕事は結構大変でした。
今までもパート勤務をしている中年の女性がいる職場でしたが、事務と接客の仕事は仕事をしている人の雰囲気も全然違います。
外交的でよくしゃべるパートのおばさんたちに囲まれ、黙々と仕事をするのが好きな私はいつもモジモジして、お客さんでクレームを言ってくる人がいても上手に対応できなくて、やっぱり異業種に転職するっていうのはなかなか大変なんだと実感しました。

女性の少ないエンジニア職

近年女性の社会進出が進んでおり、政府も女性活躍の日本を推進していますが、女性の理系の技術者はまだまだ少ない現実があります。特に歴史があり保守的で、長年男性社会で構成されてきた企業は、女性が活躍できる職場環境の整備が進んでいないように感じます。私もそういった企業にエンジニアとして勤めてきた女性の一人ですが、昨年異業種に転職しました。
(私が利用したのはエンジニア専門の転職エージェントです。)

企業の経営陣が女性を推進したいと思っていても、なかなか現場の整備は進まないものです。

まず、長年男性しか指導してこなかった中堅以上の社員は、女性の新人エンジニアの扱いに戸惑う人も多いでしょう。技術者となれば終電まで残業があることも頻繁です。状況によっては終電にも間に合わないかもしれません。私の上司も、若い女性にそこまで働かせてもよいのか?と必要以上に気にしていたようです。その結果重要な仕事が女性にまわってこないという弊害があるというのに。また、会社の部活動も野球部などのように、女性には向いておらず、マネージャーをするしか選択肢が無いようなものばかりでした。

私は今の日本ではこの業界で出世できないと思い、転職しました。いつか、本当に女性が働きやすく活躍できる日本が来ることを願っています。

転職のリスクとメリット

私は最近同業種ですが転職をしました。

理由は拘束時間の長さと人間関係でした。
前の職場は、仕事内容自体は楽しくて好きでしたが、夜勤や残業が長く、月に6日は24時間起きて仕事しているような職場でした。
私が入職した年に中途さんの大量採用があり、お局様のような方が沢山入ってきたことで新人いじめが盛んになっていました。
私自身もいじめの対象となり、法に触れるような嫌がらせを受けました。

給料が良かったことと、まだ貯金があまりなかったので転職はためらっていましたが、耐えられずに転職を決意し、1年4ヶ月で転職しました。
転職して最初の半年間はお金に困って借金までしていましたが、今は新しい職場にも慣れて生活も安定してきました。

転職エージェントには独自のネットワークがあるから、1人で仕事探しをするよりも効率的にいい仕事が見つかるよ!転職エージェントだけが持ってる特別な求人や、一般には募集していない良い条件の求人も見つかるカモね。エージェントが企業の雰囲気や企業の希望や要望を事前にチェックしてるから安心して仕事が選べるよ。自分が知りたいことを先に転職エージェントが調べてくれるからとっても便利だよ。 転職エージェントはあなたのことを企業に推薦してくれることもあるよ。あなたの「いいところ」を企業におすすめしてくれるカモしれないから、あなたが頑張れば頑張るほどいい仕事が見つかるよ。
出典:http://tenshokukamo.net/

転職のメリットは、自分に合う職場に行けるかもしれないことと、ストレスが軽減される可能性があることだと思っています。
逆にリスクは高く、しっかり考えて計画を練らないと生活自体が崩壊するという点です。
メリットよりもリスクが大きいと思います。
現職場にどうしても適応できない場合は計画を立てて準備を整えた上でのみ転職をするのがいいと思います。

明るい未来だったはずが

別にこれといった大きな不満があった訳でも無い。
人間関係だってそこそこうまくやっていた。

しかし決められた仕事を毎日繰り返す事に物足りなさを感じていたのは事実だったかもしれない。

専門学校を卒業して就職して8年。
転職なんて考えてもいなかったが、結婚し、子供が生まれた頃から何か考えが変わってきた。

家庭を持ち、子供にも恵まれ、その家族というものを養っていかなければならないという責任感は当然なのだが、その責任感と同じくして、仕事に対してもそんなやりがいみたいなものを求めるようになっていった。

そんな事を考える日々の中で自然と求人雑誌にも目を向ける日々が増えていった。
ある日、いつものように求人誌を見ていると、ある会社のフレーズに何か惹かれるものを感じた。

「今の仕事にやりがいはありますか?」

ある営業職の求人だったのだか、そのフレーズにとてつもなく惹かれ、そして日頃からモヤモヤしていたものから解放されたい気持ちもあり、不安を覚えることなく転職する事を決めた。

妻には相談もせずに退職したが、妻は不思議と「パパについていくから」の一言。
そして面接も無事に終わり、採用となった。

今、営業と言う新たな分野で失敗をする事も多々あるけど、とても充実した毎日を送っている

転職先の仕事内容が募集の時と全く違う!

私は、何度か転職をしています。
その経験から転職をする際に気を付けているのは、募集の時と、実際に働いた時の仕事内容が間違いなく同じかと言うことを面接時に確認する事です。

以前、私は、インテリアの販売の仕事という事でインテリアに興味がある私にとっては、とても魅力的な仕事のため、その会社に応募し採用して頂きました。
そして、実際に働き始めて、3日程は、確かに販売の仕事でとても楽しく働いていましたが、次の日から倉庫に行くように言われたのです。
私だけであれば、私が販売に向いていないと判断されたのだと思いますが、採用された全員なのです。
私は、良く分からないまま連れて行かれました。
すると、その倉庫には、びっくりする量の什器が置いてありました。その什器を全て解体して、軽トラックの荷台に載せ、軽トラックを運転して、その金属を売りに行くというのが、その仕事でした。
私は、数日の間だけだろうと信じましたが、
実際には、全員インテリアの販売に戻る事はなく、
何週間もその作業をやらされました。
もちろん、その後、私も他の採用された方も全員退職しました。

転職はしたいけれど躊躇する…

転職を何回もおこなってはいるのですが、しかしながら転職が趣味というわけでは、まったくもってありません。
転職をする際は「ここが最後の職場だ!」との意気込みで入社はしているのです。

けれども、なんやかんやとあって、辞めざるを得ないことだってあるのです。
たとえば、配偶者の転勤など、致し方ない理由にて、退社をせざるを得ないことだってあるのです。

けれども、やっぱり退社は退社で転職は転職ですから、こうして回数が増えていってしまうのですよね。
そして、職歴欄にはいくつもの会社名が連なるわけです。そして求人に応募した会社の面接にて、まずは不信がられるのです。

仕方ないとは言っても、やっぱり辛い悩みですね。そして説明もなかなか面倒臭いですからね。
そのなかでも、最初に勤めた会社が倒産しているという点も、疫病神的なイメージでマイナスになることもあると聞きましたし…。

ですから、結構履歴書を書く時は毎度毎度憂鬱ですね。けれども、働きたいのでやっぱり応募してしまうのですが。

転職=婚活?!

転職は、お見合いや結婚のようだな、といつも思います。
先方に自身の履歴書などの書類で判断してもらい、面接という会う機会を取り付ける。
実際に面接で初めてお会いして自分をアピールし、条件が合えば採用してもらう。
先方に書類ではじかれることも多いし、経歴ではなく年齢ではじかれたり、面接をしても断られることは多々あります。
また、こちらが違和感を感じれば、採用通知を受けても断ることもあり得ます。
こちらがいいなと思っても採用には至らず、不採用通知にため息が出ることもしばしば。
相思相愛の会社に出会うのは、そう簡単ではないと思わされます。

また、良いと思って勤め始めた会社でも、実際に働いてみるといろいろ不満が出てくることも多々あります。残業が多い、給料が少ない、社内の人間関係など…。
不満を抱きつつも、退職して他の会社で働くことを考えると、その手間や煩わしさ、これ以上いいと思える環境に出会えないかもしれないという恐れなどを天秤にかけることになり、それならばこのままでいいか、とある程度の妥協が必要となってきます。
この辺は結婚生活を続けることと少なからず類似していると思います。

完璧な相思相愛の会社に出会うのは、難しいことと言えるでしょう。
でも、妥協しつつもやっぱりここで働けてよかった、と思える環境はきっとあるはずです。
そう信じて、一生を添い遂げる相手を見つけるように、転職活動を辛抱強く続けるのが一番大切なのかな、と思います。

転職先では人間関係が不安

私の場合、仕事の内容についても重要ですが、一番気になる所はやっぱり人間関係だと思います。

業務については、よっぽど専門職ではない限り、
毎日コツコツと取り組んで行けば覚えられますが、職場環境等の人間関係については、どうすることも出来ないと思います。

これまでに実際に人間関係で悩んだ経験が多かったので、努力しただけで改善されるわけじゃないんだなぁ、という事が多々ありました。

仕事をしていく上で、円満な人間関係が築けないと、最悪職場に居心地さえ悪くなって退職を余儀なくされましたから。

人間関係で病んでしまった事もあって、正直新しい環境で馴染めるのか不安で仕方がありません。
気になる求人があっても、まず気になるのが人間関係ですので、いまいち前に進めずにいます。

でも生活する為には仕事しなければいけないので、そうも言っていられません。
自分の精神力が弱いのか、ただ無理をしても心だけじゃなくて、体も壊してしまいそうで悩みます。

真剣に転職を考えています

スーパーのレジの仕事をしています。
正社員ですので給料やボーナスには不満はありませんが、仕事の量と人間関係に悩んでいます。
私は性格がおとなしく接客向きではないと自分でも思っています。
しかし仕事ですのでいつも笑顔で頑張っているつもりです。
しかし怖い先輩からはまだ手を抜いている、もっともっとと仕事を要求されます。

計算が苦手なのでよくお金が合わないときもあります。
始末書も書かなくてはならず最近多いので悩んでいます。
嫌なお客さんもいますし、年末のお客さんの多さに嫌気がさしてきました。従業員も少なく残業も多いです。でもお金はきちんともらっているので文句も言えません。
しかも嫌と言えない性格なのでシフトも先輩のいいなりなんです。

真剣に転職を考えています。
こんな大きなスーパーではなくもっと小さい場所で働くのが希望です。レジでもショップの店員でもいいのです。
真剣に失業保険とか調べています。今度職安にいくつもりです。

大企業ばかりが会社ではない

私が転職したのは約3年前です。勤務していた会社は、賃貸マンション等の管理を行う会社です。
全国展開している、いわゆる大手企業です。約10年位勤務しました。
やがて主任になり、5名程度のチームまかされるようになり、更に、勤務している営業所の所長補佐ともなることができました。

いずれは自分も所長になりたいと思っており、そうなれるように頑張りつつ、やがて、次の異動時期には所長になれるような内示までもらうことができました。

昇格はうれしい反面、いよいよ初めての転勤がまっています。やがてその時期がきて告げられた先は
今の家族と住んでいる所から500キロも離れているところでした。

その時私には年老いた両親と、3人の子がおり、4人目の子がもうじき産まれてくるころでした。
とても自宅から遠く離れたところに行ける状態ではなく、やむなく転勤を断ることにしました。
断れば、社命に背くことになりますので、その会社にはいられません。

たまたま、それまで取引があった別の管理会社の社長さんと飲む機会があり、今の事情を伝えたところちょうどスタッフが最近退職し、人手不足で困っているとのことでした。
ありがたいことに私に入社をすすめて頂き、その流れで転職先がきまりました。

転職先は今までと違い、地場の小企業で約10名位の会社です。今までのように大きくしっかりした組織ではありませんが、逆にトップが近い事からスピード感ある仕事を行うことができ、大変充実しています。
仕事も充実し、両親や妻子とも一緒に暮らすことができ、幸せを感じています。
大企業ばかりが会社ではないことを痛感した転職でした。