英語ができることは強みとなります

現在では、企業のグローバル化が進んでいます。したがって、中小の企業でも、海外の取引先とのやりとりを求められることが多いです。そこで必要となるのが、英語などの外国語ができる人材です。たとえば、海外とのやりとりといえば、英語で電話をするとか、英文でメールを作成するとかいったことが求められます。そこで大切なことは、やはり英語力だといえます。

こんな状況の中では、やはり英語などの外国語ができる人は転職の際に有利になると考えられます。英語関連の資格を持っているとか、海外留学や海外派遣の経験があるという人は、そのことを積極的にアピールするといいでしょう。そして、自分のそういった能力を活かせるような職場を探せば、転職もうまくいくといえます。

英語ができるという人は、その能力を発揮できたほうがいいでしょう。そして、その能力を求めている企業はたくさんあるといえます。そういったところを見つけ出し、自分の能力を活かせる転職をするといいでしょう。

異業種に転職するのは本当に大変

総務で事務をしていた私ですが、人間関係にストレスを感じて長年勤務した会社を退職することになりました。
その後、失業保険が出るまで3か月あったので、そこまでちょっとアルバイトをしました。
それから失業保険を3ヶ月受給しました。
その間、ハローワークに通っていましたが、なかなか給料面や福利厚生や通勤場所などで納得できるところがありませんでした。
そして、その時一番自分の希望に近かったのが今の会社です。
でもそこで入社したのが、サービス業でしかも小売業です。
つまり客商売になったという事です。
パソコンの操作と、データ分析をするという、そういう部分の仕事は一応すぐに慣れる事が出来ましたが、それ以外の仕事は結構大変でした。
今までもパート勤務をしている中年の女性がいる職場でしたが、事務と接客の仕事は仕事をしている人の雰囲気も全然違います。
外交的でよくしゃべるパートのおばさんたちに囲まれ、黙々と仕事をするのが好きな私はいつもモジモジして、お客さんでクレームを言ってくる人がいても上手に対応できなくて、やっぱり異業種に転職するっていうのはなかなか大変なんだと実感しました。