転職=婚活?!

転職は、お見合いや結婚のようだな、といつも思います。
先方に自身の履歴書などの書類で判断してもらい、面接という会う機会を取り付ける。
実際に面接で初めてお会いして自分をアピールし、条件が合えば採用してもらう。
先方に書類ではじかれることも多いし、経歴ではなく年齢ではじかれたり、面接をしても断られることは多々あります。
また、こちらが違和感を感じれば、採用通知を受けても断ることもあり得ます。
こちらがいいなと思っても採用には至らず、不採用通知にため息が出ることもしばしば。
相思相愛の会社に出会うのは、そう簡単ではないと思わされます。

また、良いと思って勤め始めた会社でも、実際に働いてみるといろいろ不満が出てくることも多々あります。残業が多い、給料が少ない、社内の人間関係など…。
不満を抱きつつも、退職して他の会社で働くことを考えると、その手間や煩わしさ、これ以上いいと思える環境に出会えないかもしれないという恐れなどを天秤にかけることになり、それならばこのままでいいか、とある程度の妥協が必要となってきます。
この辺は結婚生活を続けることと少なからず類似していると思います。

完璧な相思相愛の会社に出会うのは、難しいことと言えるでしょう。
でも、妥協しつつもやっぱりここで働けてよかった、と思える環境はきっとあるはずです。
そう信じて、一生を添い遂げる相手を見つけるように、転職活動を辛抱強く続けるのが一番大切なのかな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>